2012年07月14日

15時からのFX実践編

15時からのFX実践編
ボリンジャーバンドとRSIを利用したデイトレード







損切りポイントを狙ったハンタートレードも初公開

『DVD 15時からのFX』でブルベア大賞を受賞したバカラ村氏が、
トレード効果を最大化するデイトレード術を語った実践編。

ボリンジャーバンドとRSIの相場状況に応じた見方・使い方や、
勝率を高めるパターンの組み合わせ、他の市場参加者の損切りポイントを狙ったトレード方法などを解説する。


■講師コメント

「15時からのFX」が2011年のブルベア大賞に選ばれましたので、その内容を踏まえて、今回は実践ではどのようにトレードをしたらいいのかを話させていただきました。 ボリンジャーバンドとRSIの相場状況に応じた見方・使い方を述べています。
それぞれを詳細にパターン分けし、さらにそれぞれのパターンを組み合わせることにより、より実践で使いやすく、勝率も高まります。 特にデイトレードではどのように分析し、どのように考えてトレードするのかを説明していますので、日々のトレードの成果が上がりやすいかと思います。

またテクニカルの情報だけでトレードするのではなく、オーダー状況も踏まえた方が良いトレードができるので、その点についても説明しています。
市場にあるストップを狙うことや、オーダーをどのように使って、どのようにトレードすればいいのかを述べ、さらに実際に私がトレードしたときのことも話しております。
テクニカル分析だけのトレードよりも、オーダーという全く別の指標も見ることで、勝率は格段に上がることになります。 ストップを狙うトレード方法は普遍的なトレード方法なので、この考え方は永久に使えることだと思います。

■プログラム

ボリンジャーバンドのパターン
ボリンジャーバンドのパターン別の対応
ボリンジャーバンドとRSI
市場にあるストップを狙う
ボリンジャーバンドの状態
それぞれの対応
スクイーズ:様子見
エクスパンション 追いかけてエントリー
バンドが平行で傾斜:押し目買い・戻り売り
バンド幅が拡大・水平:逆張り
相場の状況とRSI
ボリンジャーバンドとRSI
上昇トレンド継続時RSIは45〜75%で推移
バンド幅が拡大した状態は30〜70%で推移
日足は下降トレンドでエクスパンション。RSIはまだ余裕があるので、この日は売り方向で考える
15分足。売り方向のシグナルに従う
日足はバンド幅が広く横ばい。RSIは反転を示唆する水準。売り方向で考える
15分足。欧州時間に入ったところでダマシがあるが、その後は下落へ。
ストップを狙う
ブルトラップ
ベアトラップ
デイトレードでは、
オーダー状況の知り方
まとめ


はじめてのハングル能力検定試験3級
posted by FXシステム構築実践セミナー at 05:55| 15時からのFX実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。